ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話!ピンチを救うイヅツミ

ダンジョン飯,ネタバレ,感想,7巻,43話

スポンサードリンク

HIRO

HIRO
本日はダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話を見ていこうか!

ゆうこ

ゆうこ
うん!ワクワクですね!!

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話を解説します!

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話

HIRO

HIRO
早速ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話を見ていこう!
ゆうこ

ゆうこ
早く早く!

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話を見ていきましょう!

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話:炎竜と戦った場所へ

前に炎竜と戦った場所に一同は到着しました。

その時の食べ物以外の荷物は残っていました!

ゆうこ

ゆうこ
ライオスたち以外にここにたどり着いた人はいなかったってことかな?

そしてここに来て新しい扉が発見されそうです。

 

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話:イヅツミとチルチャックの喧嘩が始まる

イヅツミがマルシルの金貨を拾って自分の懐に入れました。

それを見たマルシルが「躾のなってない獣人だ」と一言。

二人の雰囲気は一気に悪くなりました。

HIRO

HIRO
イヅツミが最近特に好き勝手に動いてしまっていますよね(笑)
スポンサードリンク

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話:スノーゴーレム登場

氷の中で凍ってしまっている魚をセンシが発見します。

そこで、ライオスが炎の魔法を使って魚を取り出すことになります。

そしたら下にスノーゴーレムがいたらしく、襲いかかってきてしまいました!

 

センシが身動きできない状態になってしまいます。

スノーゴーレムの大声で彼らの上部にあったつららが落ちてきてしまい、マルシルに当たりそうになったところを、ライオスがかばい動けなくなってしまいます。

 

そこで、イヅツミが軽い身のこなしでスノーゴーレムを攻撃します!

スノーゴーレムは大きく動きが若干重いので、イヅツミのスピードについてこれません。

ゴーレムは核を壊さないと倒すことができないらしく、今回は透明の体のスノーゴーレムはわかりやすく、イヅツミが破壊することに成功しました!

 

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話:炎の魔法であたたまる

スノーゴーレムを倒した後に、相当みんな体が冷えているため、炎の魔法で暖を取ることにします。

イヅツミは獣であり全身が毛で覆われているので特に問題はありませんでしたが、ライオスがジロジロ見てしまうため目隠しをすることになりました!

ゆうこ

ゆうこ
ライオス変態やなぁ(笑)

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話まとめ

HIRO

HIRO
イヅツミの強さが現れた回だったね!
ゆうこ

ゆうこ
そうね!私生活の部分が正されれば最高だね(笑)

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻43話をまとめました。

 

イヅツミが今回はパーティーのピンチを救いましたね!

やはりお互いの弱さなどを補完しあって良いパーティーになってきてますね!

次回も楽しみにしましょう!

前話はこちら←・→次話はこちら

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。