ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話!謎の住人

ダンジョン飯,ネタバレ,感想,7巻,46話

スポンサードリンク

HIRO

HIRO
本日はダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話を見ていくよ!

ゆうこ

ゆうこ
うん!こんな感じに動いていくんだろう!

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話を解説します!

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話

HIRO

HIRO
早速ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話を見ていこうか!
ゆうこ

ゆうこ
うん!早く内容が知りたい!!

それではダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話を見ていきましょう!

 

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話:黄金城の住人

前回にライオスに無視されていた幽霊のようなものが会わせたい人がいるということで、一行は会いに行くことにします。

途中でユニコーンの馬車が通り、ライオスたちを人間だと知ると乗せていってくれることになります!

その中で、ここに住んでいる住人は黄金城の住人であるということを知ります。

外から来た人間は住人のものを身に着けていないと襲われることがあるそう。

 

ライオスに用があった旦那さまと呼ばれている屋敷のような家に到着したがいなかった。

その間に住人がライオスたちのところに集まり、もてなしてくれる感じがする。

ライオスは魔物を飼育しているところが見たいと、センシは畑に見学をしに、マルシルはイヅツミが一人になってしまうので、留守番することにします!

 

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話:ミノタウロスを乳牛代わりに

この地域ではミノタウロスを乳牛の代わりとして飼育していました!

理由としては、普通の家畜を飼育するのは、この地域では難しいとのこと。

ミノタウロスを乳牛代わりにしていることにライオスは興味津々。

ゆうこ

ゆうこ
さすがライオスって感じだよね(笑)

 

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話:イヅツミの様子がおかしい

イヅツミがこの世界に入ってから様子がおかしいです。

何となく猫のような甘えているような感じになります。

 

その後にマルシルのところに住人たちがきて、自分たちが作った服を着てほしいとのこと。

了承して着てみるが、明らかに奇抜で変わっている。

そこに後から用を済ませたライオスとセンシが入ってくる。

その直後にライオスはきれいな洋服を身にまとい外に出てくる。

普通の洋服も合ったらしいですね(笑)

ゆうこ

ゆうこ
マルシルファンにはこのシーンは最高でしたね(笑)

 

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話:ヤアドが現れる

ここに来て国王のデルガルの孫であるヤアドが現れる。

ヤアドはここの住人は狂乱の魔術師に不老不死の呪縛をかけられているという。

食欲も感じず、味覚も鈍感なのはそれが理由とのこと。

 

デルガルは狂乱の魔術師に呪縛をかけられたのは自分の責任だと考え、地上に来たのだという。

デルガルは最後に塵となって消えたことを聞かされて、ヤアドは苦痛から開放されて良かったと考えている。

多くのものが苦痛から開放されるために村から逃走することがあったが、全員が悪霊となって村に戻ってこれたものはいないという。

マルシルがなぜ私達をここに呼んだかを尋ねると、ラアドは翼の剣を持つものが狂乱の魔術師を倒すという予言があると言った。

 

そういえば剣に翼がついていたと今気がつく模様。

そして獅子の顔も付いていた。

コレにはラアドは大興奮しており、それは獅子がこの国の守り神であるからであるからだ。

スポンサードリンク

そしてラアドは狂乱の魔術師を倒すことを約束してほしいという。

これにはライオスも流石に即決することはできずに時間をもらうことに。

ここでセンシが語りだす。

「彼らは食事が必要ないと言っていた、彼らには本来食器や畑は不要なはず。それがなぜ揃っているのか、なぜそれらを手入れをし維持し続けていたのか、それはやはり必要だったためだろう。」

コレを聞いてライオスは何かを決意した表情で剣を握る。

ゆうこ

ゆうこ
おお、ライオスは何を決意したのかはこれから分かるのね!

 

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話まとめ

ゆうこ

ゆうこ
いや、たしかになんで食事はいらないのに畑とかあったんだろうね。
HIRO

HIRO
この秘密はこれから明らかになるのかな?

ダンジョン飯のネタバレ感想7巻46話をまとめました。

 

ここの住民の謎は深まるばかりではありますが、ライオスが何かを決意して立ち上がりました。

これからの動きにさらに期待ですね!

前話はこちら←・→次話はこちら

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。