HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)徹底比較!

HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)の比較
HIRO

HIRO
HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を比較していくよ!
ゆうこ

ゆうこ
うん!似たような分野の商品だけど違いを知りたいね!

HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を徹底比較します!

\今ならホロベルが無料で使用できる!/



/今すぐ無料でホロベルを体験\

HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)の比較

HIRO

HIRO
では早速HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を比較していこう!
ゆうこ

ゆうこ
うん!まずわかりやすい表みたいのが見たいね!

ここからHOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を比較していきます!

まずはHOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)のスペック表をご覧ください。

HOLO BELL(ホロベル) ZIGEN(ジゲン)
商品名 HOLO BELL(ホロベル) ZIGEN(ジゲン)
価格 税込み3780円 税込み3,990円
内容量 100g 100g
成分 メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁 、ヒト型セラミド3種、アセチルヒアルロン酸Na、リンゴ果実培養細胞エキス、各種乳酸桿菌、プラセンタエキス、アルギニン、ビタミンA、ビタミンC誘導体、温泉水、各種植物エキス ヒト型セラミド3種、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタエキス、アルギニンを含む各種アミノ酸15種、各種植物エキス
使用感

ベタつかない

サラサラしている

若干ベタつきを感じる

ドロっといた印象

以上がHOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)の比較のスペック表になります!

HIRO

HIRO
200円くらいHOLO BELL(ホロベル)のほうが安いね!
ゆうこ

ゆうこ
それだけじゃなくて使用感もサラサラしていて使いやすそうね!

このような結果になります。

 

内容量は同じですが、若干の価格差や使用感に差がありました。

今の所HOLO BELL(ホロベル)が一歩リードという感じです!

 

保湿力の比較

HIRO

HIRO
次にHOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を保湿力で比較するよ!
ゆうこ

ゆうこ
うん!保湿力は基本で最も大事だね!

それでは保湿力でHOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を比較します!

 

保湿力に関しては両商品とも非常に評価されているものになります。

どちらもヒト型セラミドが配合されており、体への馴染みは非常に良いです!

 

ただ、ZIGEN(ジゲン)には保湿力という面で若干のハンデがあり、それはオイルフリーです。

体の負担をなくすためにZIGEN(ジゲン)はオイルフリーにしているのですが、その大小として保湿力が若干落ちてしまい、肌表面の荒れを進行させてしまうこともあります。

 

それに対して、HOLO BELL(ホロベル)はヒアルロン酸の2倍の保水力があるバラフを使用しており、圧倒的な保湿力を誇ります!

手に取り付けた感じは非常に軽いですが、保湿力も兼ね備えているのがHOLO BELL(ホロベル)の強みであると言えます!

これらから、保湿力に関してはHOLO BELL(ホロベル)の勝利と言えます!

 

成分面の比較

HIRO

HIRO
続いてはHOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を成分で比較するよ!
ゆうこ

ゆうこ
うん!体につけるものだし、成分は大事だね!

続いて成分面で比較をしていきます!

成分に関してもどちらの商品も非常にこだわったものを利用しており、甲乙つけがたいといえます。

 

HOLO BELL(ホロベル)は先ほどのバラフやリンゴ幹細胞エキスなどメンズコスメでは最先端の成分を使用しており、その保湿力は郡を抜いていました。

それだけでなく、プラセンタエキスやビタミンC誘導体など、エイジングケアにも期待できる成分がふんだんに使用されています!

 

ZIGEN(ジゲン)は15種類ものアミノ酸やHOLO BELL(ホロベル)同様プラセンタエキスを使用しています。

ハマメリス水が肌の毛穴を引き締めるのですが、若干肌へのダメージがありますので、人によっては肌荒れを起こしやすい場合もあると懸念しております!

 

詳細はこちらの記事をご覧ください!

HOLO BELL(ホロベル)を使って得られるメリットはこちら!

 

使いやすさの比較

HIRO

HIRO
最後にHOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を使いやすさで比較するよ!
ゆうこ

ゆうこ
うん!毎日使うものだから使いやすくないとストレス!

最後に使いやすさで比較をしていきます!

 

注目ポイントはどちらも香料が含まれておらず、ナチュラルな成分で肌への負担が少ないことです!

ZIGEN(ジゲン)に関しては香料を使っていないのが目立つ香りで、土っぽい匂いがします。土のような苦手な方は毎日使うので控えたほうが良いかもしれません。

 

また、容器の使いやすさですがZIGEN(ジゲン)の場合はチューブタイプなため、使用する際に毎回キャップを取らなくてはいけません。

自分で絞るので毎回の量も若干変わってきて、忙しい朝には面倒くさいポイントが多いです。

 

HOLO BELL(ホロベル)はポンプのプッシュタイプであるため、押すだけで中身が出てきます!

プッシュタイプなため、毎回の出てくるタイプも一定なため、乾燥時の調整もプッシュの回数で管理することができて楽です!

どちらも最後の方になると出てきづらくなるので工夫が必要になります!

 

最後に使用感ですが、HOLO BELL(ホロベル)の場合はやはりサラサラしているのに保湿力がものすごいため、非常に使いやすくオールシーズン使えるイメージです!

ZIGEN(ジゲン)は若干ベタつきが目立ち、夏に使用するのは少しためらってしまうかもしれません。

 

使い方に関してはこちらの記事をご覧ください!

HOLO BELL(ホロベル)の利用方法を詳しく解説!

 

HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)の比較まとめ

HIRO

HIRO
似てるようで結構違うポイントが多いでしょ!
ゆうこ

ゆうこ
うん!各ポイントで見るとわかりやすかったね!

HOLO BELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)の比較をまとめました。

 

各ポイントでそれぞれ違いはありましたが、やはり保湿力・価格・使用感などHOLO BELL(ホロベル)に軍配が上がると思います。

やはり多くの女性の愛用者がいることもHOLO BELL(ホロベル)の実力の証にはなりますが、ライバル商品に対してすべての面で少しずつ差をつけています。

 

この差が毎日使うスキンケアでは、長期的には大きな差につながることでしょう!

\今ならホロベルが無料で使用できる!/



/今すぐ無料でホロベルを体験\

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。