就活は髪型のイメージが重要!メンズの前髪や刈り上げはNG?

面接のイメージ

就活をしていく中で、髪型をどうしていいか悩んでいませんか?

大きく年の離れた面接官と話したり、

はたまた急に若い面接官が出てきたり、

履歴書でずっと使う証明写真に残るので不安になりますよね?

 

そこで、就活で不安になる髪型のポイントについていくつかご紹介していきます!

就活の髪型の概念が変わります。

就活は髪型のイメージが重要

髪型の印象

これから就活の髪型についての説明をしていきますが、

大前提として髪型はあなたのイメージ構成に非常に重要な部分です。

スポンサードリンク

相手は髪型のプロではない

まず、就活の髪型というと構えてしまいがちですが

実際にそこまで難しく考える必要もありません。

 

まず、相手は髪型のプロではないという点です。

例えば仕事で難しい核となる部分を判断しろと言われた場合、

専門的な知識が必要になり、非常に難しい問題になります。

相手がその道のプロである場合には、なおさら緊張感が高まりますし、

焦ってしまいますよね。

スポンサードリンク

しかし、髪型の場合は違います。

就活でもそうでなくても完全にイメージの世界です。

相手は髪型のプロではないので、相手のイメージが良くなればいいだけなのです。

 

そして、髪型を利用して勝負できるのはあなた個人ですから

答えは人によって違ってくるのです。

 

ですので、ネット上の

「就活生の髪型はこれだ!」と断言しているケースは

髪型だけを見ていて、全体のイメージとして捉えられていないので注意が必要です!

 

逆にあなたのことを知っている人からの助言というのは、

あなたらしさや印象も捉えることができるので重宝するべきです!

「自分だったらどう判断する」でカバーできる

就活の髪型に関して難しくない理由として、

「自分が面接官だったらどう判断するか」という観点で

大体カバーできるからです。

 

しかし、就活となるとこの自分でも判断するという観点自体が欠落します。

もちろん私の就活時期もそうでした。

就活の髪型の答えばかり探して、とりあえずネット上に転がっている情報で

髪の毛をカチカチに固めて、、と。

 

そうではなく、そもそも何のために髪型を整えるのか。

自分が面接官だったらそのように判断するのか。

これらを意識するだけで多くの迷いは解決できますし、

これらを判断基準にしても就活は問題ありません。

スポンサードリンク

就活の髪型の問題は似合わないこと

以上のように就活の髪型に関してはイメージが重要で、

そこまで難しく考える必要はないとお話をしました。

 

では、何が一番問題かといいますと

それはネットの情報であなたに似合わない髪型をしてしまうことです。

 

つまり、就活でのあなたのイメージを壊してしまうのです。

私自身も正直髪型をしっかりとガチガチに分ける方法は似合わないのですが、

ネットでこの髪型が一番無難だと考えて整髪していました。

これが一番の就活で陥りがちな問題点です。

 

面接官のもちろん人間ですから、

しかも最初のイメージというのは、その人の印象づけで非常に重要ですから、

最初に「髪型にあってないなぁ」と思ったら

頭のどこかの片隅に「髪型が似合わない人」というイメージがつけられてしまうのです。

 

そしてのこのイメージというのが、

面接の話の内容の印象づけにも大きく関わってくるのです。

就活の髪型で前髪はNG?

就活の前髪

ではここから実際に髪型を例にして考えていきます。

よく就活の髪型の質問や悩みで出るのが

「就活の髪型で前髪はないほうがいいですか?」です。

 

この記事の冒頭を読んでいただけたら以前よりも悩むことはないと思いますが、

やはりこれも結論はイメージが良ければどちらでもいいんです!

 

ネット上には大体

「就活の髪型は必ず前髪を分けましょう!」と書いてありますよね?

これも必ず誰しもが前髪を分けて似合ってイメージが良くなるとは限らないのです。

もちろん髪型を無理に分けてイメージが悪くなる就活生も多いです!

 

ですので、前髪を分けてイメージが良くなる場合は分けて

イメージが悪くなる場合には無理に分ける必要はありません。

 

ただ、前髪があって面接官からのイメージが悪くなっているということ

これに気づけていない就活生が多いので、

ネット上には前髪を分けなくてはいけないという注意喚起をしていることが多いのです!

就活の髪型は刈り上げはNG?

就活の刈り上げ

次に多い就活の髪型の悩みはこれですね。

「就活の髪型は刈り上げはダメですか?」

 

ここまで読んでいただいたあなたはもう答えがわかると思いますが、

結論は似合ってイメージが良くなれば刈り上げてもいいんです。

 

刈り上げというとやはりやんちゃなイメージが持たれてしまって

就活での髪型として刈り上げないほうがいいと思ってしまいがちですよね?

 

しかしそれは誤りで、刈り上げてやんちゃなイメージになった人を見てきたからです。

刈り上げることによって爽やかな印象になりイメージが良くなる人も多いです!

 

実際に私が就活をしたときの髪型は刈り上げていましたし、

それで多くの企業から内定をいただくことが出来ました!

 

逆に髪型をネット上などに転がっているイメージで

とりあえず決めている人に限って、なかなか就活自体も上手く行かないということも

多く見てきました。

 

やはり大事なのはあなたの髪型として、

あなたの印象やイメージを良く出来ているかということだけなんですね。

就活生の髪型を見る面接官もそれぞれ

では、あなたの印象やイメージを決める面接官の話をします。

ネット上での髪型の記事では、面接官の話を多く出しますが、

面接官という大枠でしか捉えていないのに、髪型に関しては定義しがちです。

 

どの業界の面接官か、どのような社風の面接官なのか

ここが非常に重要であり、自分の髪型を就活しようとして寄せる

唯一のポイントとなってくるのです。

 

例えば、IT業界の若い会社の面接を受けに行ったとすると、

そこでネット上の絵に書いたような就活生の髪型で行くと

「なんかつまらない」や「型にはまっている」というイメージを持たれてしまうのです。

 

しかも最近の面接官は非常に若い方も多く、

ネット上の「一般的な」が一般的でなくなってきているのです。

 

ですので、相手の会社がどのような業界でどんな社風で

自分が似合う髪型でいいイメージを持たせられるのか。

これが重要になってくるのです!

就活生の髪型のイメージまとめ

ここまで就活生の髪型のイメージに関して紹介をしてきました。

おそらくあなたが想像している以上にシンプルで身近なものだったと思います!

就活に効く魔法の言葉はこちら!

 

無理にネット上の情報に合わせる必要はありません。

相手も人間で、自分が面接官だったらどう判断するか。

これらのベースに考えることで、髪型に関しての悩みは一気に解消していきます。

 

自分らしく表現できる就活にしていきましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。