就活で大手に受かる人の9つの特徴!エントリーシートや面接も解説!

就活で大手に受かる
HIRO

HIRO
就活で大手に受かりたいけど、どんなに人が受かるのかなぁ?
ゆうこ

ゆうこ
受かる人の傾向を掴むのは大事だよね!

当記事では就活で大手企業に受かる人の特徴をまとめていきます。

私自身大手企業にも受かった経験がありますので、

体験談を踏まえながら、リアルなお話をしていこうと思います!

就活で大手に受かる人の事前の準備の2つのポイント

就活の大手に受かる事前準備
HIRO

HIRO
俗に言う就活時期の前から就活の戦いは始まっているんだ!
ゆうこ

ゆうこ
そうだね、早めの準備でしっかりと大手の就活に備えよう!

就活で大手に受かる事前の準備をまとめていきます!

スポンサードリンク

企業研究を入念に行う

これは就活を行う上で非常に重要です。

エントリーシートや面接の全てに関わってきますし、

なんで自分がその企業で働きたいかというキャリアプランにも繋がります。

 

その企業が何をしているかだけでなく、

自分がその企業で何がしたいのか、何が企業の課題なのか、

自分だったらどのような動きを取るかなども企業研究になります!

これらがスムーズな面接につながるので入念に行いましょう!

インターンに参加する

これに関しては多くの議論がありますが、

業界によって多少違えど、インターンで有利に働く点はいくつもあります。

 

まず、やはり参加したと言うだけで企業への志望度を示すことができるので、

相手も内定辞退の可能性は低くなると考え採用しやすくなります。

インターン参加者の特別の選考フローなどもあるのが現状です。

スポンサードリンク

次に企業を内部から知ることが出来ることです。

ネットなどでの企業研究では限度があります。

インターンの場合は、実際の業務に参加することができる場合もありますし、

社員の方とお話をする機会も多いので、

就活で活かせるディープな情報をたくさん得ることができます!

 

私は実際に大手企業のインターンに参加して、

その企業から内定を得ることが出来ました!

 

やはり得られる情報の質が他の就活生を上回ることが出来て、

エントリーシートや面接でも他の就活生よりも深い話をすることが出来ました。

現場の方にも顔を覚えてもらえるので印象は強くなります!

 

参加しただけで有利になると思考を止めずに、

インターン中も常に吸収する姿勢を忘れずに学びましょう!

就活で大手に受かる人のエントリーシートの3つのポイント

就活の大手のエントリーシート
HIRO

HIRO
エントリーシートが就活の最初の関門だよね!
ゆうこ

ゆうこ
そう、エントリーシートが通らないと、企業の人は会ってもくれないよ!

就活で大手に受かるエントリーシートのポイントをまとめていきます!

これを見ながら書くこともできるので、

いつでも見れる状態にしておきましょう!

証明写真の写りが良い

まず最初にエントリーシートを見たときに、

文字よりも最初に目に入るのが証明写真です。

ない形式も多いですが、ものによっては証明写真が求められることもあるので

こだわって差別化できるポイントでもあります!


自分らしく写真が写っているのかなどをしっかり確認しましょう!

明るい印象を与えている物を選ぶのがおすすめです。

質問に端的に答えている

エントリーシートといえば、いくつかの質問に対して

文字数が指定されていて、答えていくというスタイルがほとんどです!

このエントリーシートの質問への回答を人事は見ています。

 

多くの上手く行かない就活生のしてしまいがちなミスは、

質問に対してだらだらと意見を書いてしまうことです。

いくら内容が正しいものであったとしても、人事には伝わりません。

大事なのは書いた内容が相手にしっかりと伝わっているかです。

 

ですので、内容は端的に最初に自分の考えの結論を述べて、

後から理由や考察を書くことが、誰にでもすぐにできる改善策になります!

 

私自身も文を書くのはが苦手ではありましたが、

最初に結論を話してから話を組み立てていくことで、

シンプルで自分でも整理しやすく、

相手にも伝わりやすいエントリーシートができました!

スポンサードリンク

提出期限に余裕がある

エントリーシートには提出期限があり、

多く企業を受験する就活生は、

この提出期限を管理しながら大量にエントリーシートを書き上げます。

 

そうなるとどうしてもしてしまいがちなのが、

エントリーシートの提出期限当日や前日に出してしまうことです。

本当に第一志望だから、ギリギリまで考え抜いたからという方もいると思いますが、

一般的にはギリギリでのエントリーシートの提出は印象が悪いです。

 

できれば一週間前くらいにはエントリーシートを提出できるように、

早め早めに書き上げるようにしましょう!

就活で大手に受かる人の面接の4つのポイント

就活の大手に受かる面接
HIRO

HIRO
やっぱり面接が一番緊張するし、力がなかなか出しづらい場面だよね!
ゆうこ

ゆうこ
そうなんだよね、でも大手企業に受かる人って意外と共通点が多いよ!

就活で大手に受かる面接のポイントをまとめていきます!

すぐに意識して改善できるものも多いので、チェックしときましょう!

初対面の印象が良い

大手企業でもベンチャー企業でも変わらないことではありますが、

面接での初対面の印象というのはものすごい大事になってきます。

 

もちろん履歴書などでも顔は見ますが、

実物での印象が最も重要になりますし、

第一印象が面接官への面接の話の入ってきやすさに繋がります!

 

身だしなみがだらしなかったり、

最初の挨拶の声が小さかったりするだけで、

そのような印象が面接中にずっと残ってしまい受かるのは厳しくなってしまいます!

面接官と会話をしっかりとしている

「何当たり前のことを言ってるの?」と思う方も多いですが、

これ本当に出来ていない就活生が多いんです!

 

どういうことかといいますと、

自分が話したいことばかり話してしまうのです!

 

やはり面接というのは緊張するものですし、

そうなると入念な準備として、どのような質問をされたどのように答えようなどを

考えている就活生ももちろん多いと思います。

 

しかし、暗記したものばかりに気を取られてしまって

相手の質問の意図とずれた答えを話してしまう就活生が非常に多いです!

相手の質問に対して、しっかりと考えているかというのは非常に見られているのです。

 

会話力があるのかというのは、

会社で働いてからのコミュニケーションで非常に重視されますので、

面接とはいえ、会話しているんだということを意識して臨みましょう!

しっかりと考えて質問に答える

これも先程の内容と少しかぶりますが、

質問に対して、しっかりと考えて答えるということが非常に重要です。

 

質問されて、すぐに答えが出てこない場合

焦って適当な答えをしてしまって後から何であんなことを言ったんだろうと

後悔した経験はありませんか?

 

あなたの適当に言ってしまった答えが後に面接の会話の中で矛盾を生みますし、

面接官も矛盾点や適当なことに対してはすぐに気が付きます!

 

時間がかかってもいいので、

面接官の質問に対して、自分の考えをしっかりと伝えることを意識しましょう!

等身大で質問に答える

ここが面接の人間性の部分で一番見られているかもしれません。

面接では難しい質問が多くされる場合もあります。

その際に就活生はなんとか答えようと、

薄っぺらいことを言ってしまいがちです。

 

それでは相手はその道のプロですし、

すぐに「背伸びしているな」と感じられてしまいます。

 

そうなる前に、難しい質問で答えるのが厳しいと感じたら、

「勉強不足で○○が詳しくわかりかねますが、・・・」

などとワンクッションおいてから自分の考えを述べることで

「素直で今しっかり考えようとしてくれている」

とプラスの印象を与えることができるのです!

 

私自身は、受かった大手企業の多くの面接で難しい質問をされましたが、

実際にわからないことは伝えて、その中でも自分が思うことを伝えることを心がけて

内定を多く手にすることが出来ました!

就活で大手に受かる人のまとめ

HIRO

HIRO
大手に受かるために重要なポイントって多くあるんだね!
ゆうこ

ゆうこ
みんな面接に目が行きがちだけど、それ以前に重要なことは多くあったね!

就活で大手に受かる人をまとめてきました!

やはり面接でどうにかしようと考える就活生は多いですが、

それ以前の準備が非常に重要になってきます!

 

特にインターンで情報を得て、

企業研究に活かして、面接に備えるというのは

就活で大手に受かる王道のパターンであり、自分を楽にする方法でもあります!

 

しっかりと企業に対する理解を深めて、

これらの大手企業に受かるパターンをしっかり頭に入れて

今日から動き始めましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。